部活動紹介:運動部

スケート部

目標:全国高等学校総合体育大会(インターハイ)優勝 世界ジュニア・ワールドカップ出場
顧問:伊藤冬樹、外ノ池信平
コーチ:外ノ池 信平
部員数:7名
最近の主な活動実績(平成27年度)

・長野県総合体育大会

 

女子1,500m 優勝(藤森優衣)
女子 3,000m 優勝(藤森優衣)
男子 5,000m 入賞(田中大雅 ・ 矢﨑堅人)
男子 10,000m 入賞(田中大雅 ・ 矢﨑堅人)

・全国高等学校総合体育大会(インターハイ)

女子 1,500m 優勝 準優勝(藤森優衣)

 

紹介文

私たちは常に高いクオリティーを維持したハイレベルな活動をしています。部員全員が常に自己ベストの更新と「スケートの東海」の実践を目指しています。日々のトレーニングでは、ウェイトトレーニング・ローラースケート・ショートトラック・ジャンプトレーニング・エルゴメータートレーニング・フォームトレーニング・ランニングなどを行い、体力・技術の向上に努めています。冬場は氷上トレーニングがメインになります。
女子は全国高校総体(インターハイ)で2度の総合優勝を成し遂げており、常に上位の成績を維持しています。
卒業生には、3名のオリンピック選手がおり、スケート部はいつも世界を目指しています。

Q&A

Q.スケート部へ入った理由は何ですか?
A.スケートが大好きだからです。この気持ちがないと始まりません。

Q.スケート部のどんなところにやりがいを感じますか?
A.練習を乗り越えた結果、試合などで自己ベストを更新する喜びが感じられることです。

Q.勉強と部活の両立は難しい?
A.冬になると、どうしても公欠が多くなってしまいます。だからこそ、教科担当の先生に自ら課題をいただきにあがり、勉強することを心がけています。

Q.これまでで一番の思い出はなんですか?
A.自分が1年生の時のインターハイで、出場した2年生の先輩が表彰台を決めた瞬間です。あの光景、感動は忘れられません。

Q.部活動で大変なことはなんですか?
A.日々の練習です…。ですが、結果を残すには中途半端な練習では何も得られないので、自分が望んだことでもあります。だからこそすべてをこなすことができるのだと思います。

Q.新入生にひと言!
A.部員はみんな元気いっぱいで個性的な人たちばかりです。個人競技のスポーツではありますが、日々の練習で自分に負けず、仲間同士励まし合いながら頑張っています。元気でスケートの大好きな人、スケート界で全国に東海ありと言われている部活で、想いっきり青春しませんか?