部活動紹介:運動部

柔道部

目標:全国制覇
顧問:小林 勇介、小池一也
部員数:30名
最近の主な活動実績
・2015年度 インターハイ男子団体出場 インターハイ男子個人81キロ級出場・北信越総体男子団体3位・ 北信越総体男子個人81キロ級優勝・北信越総体5名入賞・北信越ジュニア男子81キロ級優勝(全日本ジュニア出場)・第38回全国高等学校柔道選手権大会長野県大会男子個人無差別級優勝・県新人戦男子100キロ超級優勝・第38回全国高等学校柔道選手権大会男子個人無差別級出場
・2014年度インターハイ男子個人66g級・100g級二階級出場・北信越総体5名入賞・新人戦長野県大会男子団体優勝・第37回全国高等学校柔道選手権大会長野県大会優勝・第37回全国高等学校柔道選手権大会出場・第37回全国高等学校柔道選手権大会男子81キロ級ベスト16・第37回全国高等学校柔道選手権大会男子73キロ級・90キロ級出場
・2013年度インターハイ男子個人90g級出場・第36回全国高校柔道選手権大会男子90kg級出場
・2012年度インターハイ男子個人81kg級・男子個人90g級二階級出場、JOCカップ北信越ジュニア選手権大会男子個人73kg級・男子個人100g級二階級優勝
 JOCカップ全日本ジュニア選手権大会男子個人73kg級・男子個人100g級二階級出場
 第35回全国高校柔道選手権大会男子60kg級・男子90kg級出場
・2011年度インターハイ男子団体出場、新人戦長野県大会男子団体優勝、第34回全国高校柔道選手権大会男子出場、第34回全国高校柔道選手権大会男子73kg級3位入賞・男子81kg級5位入賞
・2010年度 長野県総合体育大会男子団体優勝(全国大会出場)インターハイ男子個人5位入賞、新人戦長野県大会男子団体優勝、高校柔道選手権長野県大会男子団体優勝(全国大会出場)、全国高校柔道選手権大会男子4階級出場
・2009年度インターハイ男子個人ペスト16、高校柔道選手権長野県大会男子団体優勝(全国大会出場)、全国高校柔道選手権大会男子個人5位入賞
・2008年度 長野県総合体育大会男子団体優勝(全国大会出場)、新人戦長野県大会男子団体優勝
・2007年度 長野県総合体育大会男子団体優勝、全国高校総合体育大会出場、新人戦長野県大会男子団体優勝、高校柔道選手権長野県大会男子団体優勝(全国大会出場)
・2006年度 全国高校柔道選手権大会男子団体ベスト16

紹介文

我々柔道部は常に一流であるべく、トップを取ることを最大の目標に、妥協のない練習と実戦的な経験で学んでいます。全国高等学校総合体育大会(インターハイ)常連として次こそは全国制覇、その後は部員が更なる高みへ羽ばたけるよう、万全のサポート体制を組んでおります。「柔能く剛を制し、剛能く柔を断つ」の精神のもと、単に強いだけの人間を育てるのではなく、精神・モラルの面からも優れた人格を培っていきたいと考えています。

Q&A

Q.柔道部へ入った理由は何ですか?
A.自らを鍛錬し、インターハイにて優勝するため東海大三柔道部へ入部しました。

Q.どんなところにやりがいを感じますか?
A.やはり試合です。試合相手と組み、綺麗に投げて一本とれたときですね。

Q.勉強と部活の両立は難しい?
A.当然ながら両立は簡単ではありません。学校での勉強をしっかり行えば問題は無いと思います。

Q.これまでで一番の思い出はなんですか?
A.全国大会で男子団体ベスト16になったことですね。次の目標が明確に見えるという意味でも大変重要な経験でした。

Q.部活動のなかで大変だったことはなんですか?
A.入学当時、柔道部のハイレベルな練習に、ついていくのがやっとでとても大変でした。

Q.新入生にひと言!
A.我が柔道部は、朝のランニングとウェイトトレーニングに、午後の柔道稽古と、日々トップを目指すべく厳しい練習を積んでいます。やる気がある人は是非入部して、目標に邁進してください。

関連リンク

柔道部ホームページ
http://www.lcv.ne.jp./~oguchi8/judoindex.htm

柔道部に関する最近の話題

清水選手が全日本ジュニア柔道体重別選手権大会に2年連続出場
男子団体と男子個人2名がインターハイ全国大会に出場
北信越ジュニア柔道体重別選手権大会に清水選手が2年連続優勝
長野県ジュニア柔道体重別選手権大会に2名優勝
長野県高校総体で男子団体・男子個人2階級に優勝
南信高校総体で男女団体優勝・男子6階級優勝・女子4階級優勝