部活動紹介:運動部

陸上競技部

目標:夢を実現させたければ、そのために必要なことはどんなことでもすすんでやる!「ずくだせ!!東海」
顧問:新村 守、篠原克修
部員数:28名
最近の主な活動実績
・全国高校総体23回出場(入賞12回)
・全国高校駅伝4回出場
・国民体育大会22回出場(入賞11回)
以上1990~2016年

紹介文

競技力はもちろん、日々の生活においても、部員一人ひとりが真剣に取り組んでいます。目標は、全国高校総体への出場・入賞を目標達成に向け、年間を通して日々の練習を大切にしています。朝練習(陸上競技部寮の生徒は6:00-7:00・通い生徒は6:45-7:45)は茅野市陸上競技場で行い、その後学校清掃を行います。放課後の練習は茅野市陸上競技場で16:00~18:30まで行います。

Q&A

Q.陸上競技部へ入った理由は何ですか?
A.いろいろな面で厳しいと聞いていましたが、過去の実績から自分も強くなりたくて入部しました。この学校の陸上競技部で自分自身を鍛え、変えていきたいと考えました。また、指導していただける先生・コーチの充実に魅力を感じました。

Q.陸上競技部でどんなところが楽しいと感じますか?
A.大会でよい結果が出た時や達成感があるときなど、努力をして練習を頑張った分だけ結果として表れることにやりがいが感じられる部活です。また、積極的な行動が取れるようになり、以前よりも礼儀正しくなったと思います。精神面がとても強くなったと感じています。

Q.勉強と部活の両立は難しい?
A.陸上に限らず、学業との両立は大切だと思います。学業が疎かになると競技面でも結果が悪くなってきてしまうので、毎日の継続を心がけています。

Q.これまでで一番の思い出はなんですか?
A.先輩の最後まであきらめない粘りのあるレースがとても印象に残っています。OB・OGの方が常に顔を出してくださり、指導していただいていることにもとても感謝しています。

Q.部活動のなかで大変だったことはなんですか?
A.入部したころは練習についていくことが大変でした。部活が終わって家に帰ってから勉強することは大変ですが、心がけ次第ですね。

Q.新入生にひと言!
A.自分自身を心から変えていきたい、強くなりたいと考えている人、目標を持ってあきらめずに頑張れる人に入部してほしいです。後輩だからという理由で雑務をやらせることがなく、先輩がすすんで何でも行っていく部です。自分の目標を持ち、最後まであきらめずに頑張れば必ず結果がついてきます。厳しい中でも毎日がとても充実しているので、目標を成し遂げられるよう頑張っていきましょう!